読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

デザイン

渋谷系ムーブメント

80年代となり、日本の音楽メディアはレコードからCDへと移行していく。CDの普及により、流行曲だけでなく、過去にレコードとして発売された様々なジャンルの音楽があらたな形として世に出回っていくようになった。 そんな時代の動きをより加速させていく要因…

ヤン・チヒョルト ニュータイポグラフィー

アートディレクター 佐野研二郎氏がオリンピックエンブレムでの盗作疑惑は記憶に新しいと思います。彼の案がリエージュのエンブレムに酷似するということから、彼の昔の仕事の不手際にまで波が広がり、最終的にエンブレム撤回となる散々な顛末でした。 そも…

エル・リシツキー

ロシア革命期、当時のロシアの識字率は低く、そのために言語そのものを視覚表現によって伝えることを求められた傾向にある。そういった特性をもって生まれたロシア・アヴァンギャルドという芸術運動を代表する作家として、やはり一番に思いつくのはエル・リ…

戦時と現在をつなぐポスター文化

世界大戦時で見られるポスターには、その時代の特徴を如実に表現されている。 作家の意思は関係なく、国が定めた全体主義の思想を人々に植え付け、ひとつの方向へと導いていく。 まさにプロパガンダとしての役割を作品ごとにもっている。 イメージ画と文字、…

松永真 「半径3メートルの発想」

松永真は国内外を問わず精力的に活躍している日本を代表するグラフィックデザイナーのひとりである。有名な代表作をあげるならば、松永真特有のグラフィック表現が展開し、文字だけを全面にうちだした「北欧デザインの今日_生活の形」、多色のストライプによ…