写ルンですって写るんですよ

banira11aisukuriimu.hatenadiary.jp

奥山由之の記事を書いてから自分でもフィルムカメラを使いたくなってきたので、数年ぶりにフジカラーの「写ルンです」を三つほど購入し、撮影してきました。

f:id:banira11aisukuriimu:20151228024342j:plain

f:id:banira11aisukuriimu:20151228024421j:plain

f:id:banira11aisukuriimu:20151228024450j:plain

f:id:banira11aisukuriimu:20151228024527j:plain

f:id:banira11aisukuriimu:20151228024544j:plain 

f:id:banira11aisukuriimu:20151228024648j:plain

f:id:banira11aisukuriimu:20151228024742j:plain

f:id:banira11aisukuriimu:20151228024853j:plain

 

 

思っていたよりずっと良い味がでていると思います(自画自賛
何より細かい設定を必要とせず、瞬間的にシャッターを押せるというのがとてもいい
パンフォーカスなので素人でも使いやすく、その上軽いので必然的にフットワークも軽くなります

なにより私が気に入っているのはあのチープそうに見えるカメラの姿です
一眼カメラなどの立派な形のものを構えるとどうしても「撮るぞ!」というのを自分やモチーフ、モデルに主張してるようでどうも堅苦しい感じになってしまう
だがこのトイカメラのようなチープな形をした写ルンですはそんな威圧感を放つこと無く、安心して被写体と自分に距離を近づけさせてくれる
いい意味で安っぽいのが緊張感をなくし、自然体でラフな味のある写真が撮れるのだ

いま当たり前のようにスマホには高性能なカメラが付き、TwitterInstagramなどのSNSに投稿されていく時代です
写真がより身近となり、気軽に撮れ、すぐに結果が見れる
それはとても良いことだと思います
けれど、デジタルの速効性から少し距離を置いて、
あえて上手く撮れてないかもしれないし、もしかしたら偶然いい写真になっているかもしれない、そういった一種の緊張感と気軽さを兼ね備えたフィルムを楽しむのもまたカメラの醍醐味ではないだろうか
きっとデジタルとはまた違ったわくわく感が待っているはずだ



人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

広告を非表示にする