タッチとストローク

デザインをテーマにした記事をおもに書いていきます。

webデザイン勉強ノート 第一弾 HTML 5って?

webデザインを始めるにあたりまず、学ぶHTMLやCSSJavaScriptという言語
そもそも,これらはなんなのでしょう?
ざっくりと概念に触れようと思います

HTML
・ Hypertext Markup Langage の略がHTMLになります
Hypertext
かいつまんで説明すると、これはリンクで自由にwebページに飛んでいける仕組みを意味しています
Markup
これはタグをつけて印をつけるという意味です
こうすることでプログラムに文章の構造を認識してもらうことができます
わかりやすく一例をあげる検索エンジンにwebサイトが引っかかるようにしてくれます
Language
これは文字通り言語を意味します

続いて
CSS
Cascading Style Sheetsの略になります
Cascading
ある要素に複数のCSSがプロパティを宣言している時に優先順位を決めて適用するプロパティを決める仕組みを意味します。
いきなり言われてもよくわからないですよね?
これは後ほど、別にCSS記事を書く時に書こうと思います
Style Sheets
表示の見栄えを制御する仕組みを意味します。

JavaScript
これは上か順に機能していくインタプリト型というプログラム言語になります。これはPCの中のブラウザの中で実行されるプログラムで、
クライアントサイドのプログラムに属します。

ちなみに似た名前でJavatというプログラム言語がありますが、
これは全くの別物なので勘違いしないようにしましょう。


簡単にまとめると
HTMLとはベースとなる箱に要素を入れたもの
CSSはその要素たちを飾ってあげる機能
JavaScriptはプログラム
となります
これら3つの要素をひとくくりにHTML 5と呼んでいます
今のwebはこの3つの知識が複合的に必要になっています
これ以降のページでは実際に作っていきながら学んでいこうと思います