映画を語る猫

映画やドラマについてあれこれ語る雑記サイトです

アニメ ハーモニー 感想 

f:id:banira11aisukuriimu:20191005195648p:plain

 あらすじ

21世紀後半、大災禍と呼ばれる世界的な混乱を経て、人類は大規模な福祉厚生社会を築き上げていた。医療分子の発達で病気がほぼ放逐され、見せかけの優しさや倫理が包むユートピア。そんな社会を拒んだ3人の少女は餓死することを選択した。それから13年。死ねなかった少女霧慧トァンは世界を襲う混乱の影にただひとり死んだはずの少女ミァハの影を見る。


 感想(ほどよくネタバレ)


というわけで伊藤計劃原作 ハーモニー 見ました。

所謂ユートピアを舞台にしたSF作品。
医療が発達し、病気や怪我のない世界。それは自分の体を他人に支配されているようで息苦しくて仕方ない。
自分の体は自分のもの。「私」は「私」であるということ。
それを主張しようともがく少女たちはどこか思春期の自分を思い出させます。

「私」であることの固執は皆が経験するものでしょう。
そんな時期に自分というただ一つ自分だけのものを
公共の財産としてコントロールされる。
それは大人たちの思いやりとは裏腹に苦痛を与えることになる。
しかも、その当人たちはそれを理解しない。
理解しないというより忘れてしまっているのです。
彼女たちにとっては思いやりに満ちた地獄そのものでした。

「私」とはなんだろうとふと考えてみます。
考える限りの大きな枠組で「私」を定義すると

魂?あるいは脳の中で起きる現象?
生物としてのブログラム?
意識?
それとも意思?

ではその「私」が消失したらどうなるのか。
それは生命の死なのでしょうか?
「私」という魂、意思、意識を失くすことで社会はどうなるのか?
これがこの物語の大きな鍵となります。

ハーモニーの世界は生きることは容易く、死ぬことが難しいです。
病気、怪我、それらを誘発する酒、煙草ありとあらゆるものが規制され、管理されているからです。
ですが、たったひとつ管理されていないものがあります。
それは、人がもつ悪意です。
息苦しいまでに思いやりに満ちた世界においても人の悪意は必ず存在する。
悪意はやがて凶器となり牙をむくのではないか?
疑心暗鬼にならない方がおかしい。
そんな人間の本質を見てしまう映画でした。

本筋を語るのはここまでにしておこうと思います。
気になる方はぜひ原作を読んでみて欲しいです。
 

あくまで映画の感想なので端的に。
一言で表すなら「原作読もう」でした。
こういったSF作品はいかに上手く世界観を見ている側に素早く浸透させるかが勝負だと思うのですが、映像、音、文字と小説以上に情報量があるにも関わらず、伝わりにくい構成となっています。

セリフなどはほとんど原作と変わりないのですが、いかんせん詰め込みすぎて微妙な感じになっています。
キャラに無理やり語らせているという感じでしょうか。
ここまで中途半端になってしまうのなら、

あと、微妙に改変があり百合要素をぶっこんできてます。
原作内ではそういった描写はないが、見る側に想像させる要素はあります。
ですが、ここまで具体的に描かれてしまうと何だかちょっと恥ずかしくなってしまいますね笑
動きは劇場映画にしてはあまりありません。
そのわりに日常風景に3DCGを多用しています。
出来が良ければそれでもいいのですが、動作がものすごく違和感だらけです。
それはもうわざとヤってんのかな?と疑うレベル。
アニメーションの醍醐味である動きを殺しに来てます。
アクションがあるような作品ではないのでCGはミスマッチだったのかなと思います。

何となく予算やらアニメーターの確保やらリテイクやらと裏事情がありそうな雰囲気です。虐殺器官の例もありますし、アニメ作りはやっぱり大変なんでしょうね。

 

あんまりネガティブな意見はよくないので、ポジティブな意見を続けます。

建築物の造形、色が非常にユニークで面白いです。
よくあるようなSF的建築物ではないのですが、未来感がとてもでています。
赤色の建造物なんかみるとちょっと弐瓶勉のBLAMEとか思い出しちゃいますね。

所々、見れるエフェクトもカッコよく雰囲気にあっています。
声優さんの演技もとても良かったです。
ミァハの声はもうキャライメージに良く合っていますし、
とても印象深いものになっています。
EDの曲もしんみりとした感じで世界観をよく表現していると思いました。
イラストやデザインなどは文句なしです。

とまあ、色々好き勝手ネガな部分も書きましたが、こういったSFの雰囲気が好きな人は楽しめる作品になっているとは思います。
原作を読んでいなくても楽しめるはず。
ぜひぜひ見に行ってはいかがでしょうか?