映画を語る猫

映画やドラマについてあれこれ語る雑記サイトです

映画 (500)日のサマー 感想

f:id:banira11aisukuriimu:20191005202311p:plain

 

 

(500)日のサマー引用画像

 

 

あらすじ

建築家の夢を見つつ、グリーティングカードの会社に勤めるトムは秘書として入社したサマーに一目惚れします。
少しずつ意気投合していき、トムはサマーに恋人はいるのかと尋ねます。
すると、サマーは「恋人はいないしいらない。恋愛なんて面倒よ」と言うのでした。
トムは少し戸惑いながらもサマーの考え方に同意します。
やがて、トムとサマーは友人と恋人の境の関係になっていくのでした。

 

 

感想

この映画はぜひ2度見てもらいたい映画だと思いました。
視聴者は間違いなく最初に主人公であるトム目線で物語を見ていくと思います。
その視点から見るサマーは魅力的でもあるし、どこか自分勝手な小悪魔的な女性にも映ります。恋人という関係ではなく、友人という関係で肉体関係を結んでしまったトムは次第に、自分のほんとうの気持ちをおさえることができなくなり、告白をします。
しかし、サマーはその告白を断り、それからしばらくもしないうちに彼女は別の男性と恋に落ち結婚してしまうのです。
肉体関係をもっていたし好意もあった。
なのに恋人にはなれない。
トムはサマーのことを理解できないでいました。


これだけ見ると、ずいぶんとサマーが身勝手な女性に映ります。
しかし、サマー視点から見ると少し話が変わります。
サマーは最初に恋人はいらないし、恋愛は興味ないと言います。
それはまさしく本音でした。
この発言はある意味、トムを試すものでした。
もしこの時、トムが僕は恋愛に興味あると言っていれば結末は違ったものになっていたでしょう。
実際、サマーはトムに少なからず好意はあったわけです。
しかし、その問いに対して、トムは本音を隠し同意を述べたのです。
サマーからしたらその時点で、トムとは恋人関係にならないと決まっていたのでしょう。
なぜなら、トムは自分と同じく恋愛なんて興味なく、インスタントな快感が得られればいいと思っている人になってしまったからです。

サマーが結婚を決めたタイミングでトムと再会するシーンがあります。
そこで、トムは婚約者のどこが良かったの?と問うのです。
するとサマーはこう答えました。
「彼ははじめから私を好きと言ってくれたの」

シンプルなその答えはまさしく恋愛の真理をついた一言ではないでしょうか。

恋愛はただ相手の意見に同意をすればいいという単純な話ではありません。
好きというもっともシンプルな自分の意見を相手に伝えること。
そしてそれはどんな駆け引きよりも確かに人の心に訴えかけます。
サマーは決して、小悪魔ではなく普通の女性なのです。
恋愛が面倒という表層の奥には他人からの純粋な好意を求めていました。
そして、それを気づくチャンスは幾度としてトムの前に転がっていたのです。
その心の機微をトムの目線から見つけていくことができるかどうか。
それこそが大切なのではないでしょうか。
とても面白い映画でした。